しょうたいふめいのGeek

主にPC系のやってみたことで誰かの役に立つかもしれないことを書いていく予定

WindowsMRでAdult FestaのVRストーミングを見る

PC用VRとしてはいまいちぱっとせず、PlayStationに対するXBOXみたいに感じるWindowsMRですが、SteamVR経由でHTC VIVE相当として認識することが多く、DMM動画ファイルやVRカノジョなどを動かせるのだが、購入当初Adult Festaというアダルト系VRサイトのプレイヤー「D-PLAYER」でダウンロードしたファイルを再生しても画面が表示されず、使えなかった。

ふとしたことでAdult Festaサイトを覗いたところ、新しいDimension Playerという再生ソフトでストリーミング再生に対応していたので、WindowsMRでも使えるか試したところ、今度はサンプル再生が問題なくできた。

ただし、相変わらずプレイヤを変えてもファイルダウンロードしたものをローカル再生するとうまくいかないので、VR動画のストリーミング再生のみチェックしている。

導入はSteamVR環境が整っていればなんともないが一応手順

1. WindowsMRとSteamVR環境を設定

Windows MRで.wsdcfファイル(DMM VR動画ファイル)を再生する - しょうたいふめいのGeek

2.Dimension Playerをインストール 

 3.Adult Festaで購入した動画が一覧表示されるので、コントローラでポインタを合わせてクリックすると再生される 

f:id:ishtark81:20191020191535p:plain

Dimension Player

DMMではVRchという月額見放題サービスがあるが、WindowsMR(および他PC環境再生)ではストリーミング再生に対応していないので、大量にある動画をいちいちダウンロードしてから見るという面倒な方法しかない。

Adult Festaには「ストリーミング見放題」という月額見放題サービスがあるので、こちらを契約してみたところ、問題なく再生できた。

DMMのWindowsMRプレイヤに慣れていると操作面で気になる面もあるが、全体的にはDimension Playerのほうが高性能なので、WindowsMRでとにかく多くのVR(アダルト)動画を見たいという人には悪くない選択かも。(公式サポートではないですが)

・Dimension Player(Adult Festa)
 シーク     あり(視線ポインタ+コントローラボタン)
 スキップ    なし
 ズーム調整   あり
 センター調整  あり
 複数連続動画  連続再生(暗転あり)
 チャプター   一部あり(VR動画による)
 ストーリー分岐 一部あり(VR動画による)

・DMM MR動画プレイヤー
 シーク     あり(コントローラポインタ+コントローラボタン)
 スキップ    あり(10秒・1分)
 ズーム調整   なし
 センター調整  なし
 複数連続動画  再選択
 チャプター   なし
 ストーリー分岐 なし

見放題になるタイミングはどちらもだいたい発売から1年後くらいのようだ。
DMMのほうがコンテンツ数が多いので、DMMのVRchがWindowsMRのストリーミング再生に対応したほうが嬉しいのだが…

Xiaomi Mi Max3に対応したLINEモバイルSIMを契約

ついカッとなってXiaomi Mi Max3の6G/128GをBanggoodで購入したが、国内向け製品ではないのでWifiはともかくモバイルの対応バンドでキャリア毎に適合するかという問題がある。

今はDoCoMoMVNOを利用してるからまあ使えるだろう…とあまり気にしていなかったのだが、以下サイトでチェックすると、どうもソフトバンクSIM運用が良いらしい。

 

Freetel AREA2に刺してWifi運用という手もあるのだが、充電する対象が2つになったりと面倒なので、ソフトバンク対応MVNOでデータ専用SIMの安いのを探すことに…

そんなに候補はなかったが、mineoとLINEモバイルで比較してCM出演女優の差でLINEモバイルにした。

SIMカードも携帯契約と同様身分証明が必要で、免許の住所が実家だったので実家に届いて取りに行く必要はあったが、Webから休日申し込み、平日契約成立で翌日SIM到着とスムーズに進み、今日の朝Webから利用開始手続を行って窓口が開く時間から15分くらいで開通した。

SMSで通知が届くらしいので、AREA2がSMS受信できると思って待っていたのだが、LINEフリーSMSなし月500円なので、SMSで利用開始通知は届かず普通にメールが届いた。
今のタブレットでみるとモバイル通信は

 TwitterChrome(Webブラウジング) > LINE > Instagram

って感じなので、1GBで足りなかったらSNSフリー(3GB)にする予定。

 

そのころ、LINEモバイル契約の発端となったXiaomi Mi Max 3は…

Shipping Information Expected Arrival Time
 
 
Shipping Method: Air Parcel Register
Tracking Code: Without Code
Shipping Address:  
Sunday,11/17
 
 
  Order No.  Order Date: 2019.10.12  
 
  Xiaomi Mi Max 3 6.9 inch Big Display 6GB RAM 128GB ROM Snapdragon 636 4G Smartphone   Xiaomi Mi Max 3 6.9 inch Big Display 6GB RAM 128GB ROM Snapdragon 636 4G Smartphone 23,370円
x 1


1週間経過してやっと出荷されたところでした…(まだ輸送業者伝票番号取得前)

到着予定はかなり余裕を見てるはずだが、11/17…だと…

Xiaomi Mi Max 3を海外通販で購入する

手元のAndroid8インチタブレットはまだ使えるものの、Androidバージョンで蹴られるアプリが出てきたので新しいのを探したところ、7~8インチタブはファブレットに吸収されつつあったので、ファブレットでいいのを探していた。

【2019年版】大画面スマホ・ファブレットおすすめランキングベスト30! - ガジェマガ


このあたりでいろいろ見ていたのだが、6~7インチがよかろうと個人ではまだ使ったことのないASUSあたりを本命に見ていたところ、Xiaomiの機種や海外通販が紹介されていたので、日本で通常売っていない(技適も通ってる) Mi Max 3がよさそうだと調べることに。

上記サイトおすすめのGearbestは売り切れなので、ググるAmazonで4GB/64GBが¥25kくらい

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FS8NSPW/?coliid=I2J7JV0UAE2Y1J


しかしBanggoodで6GB/128GBが同じくらいのプロモーション価格で売っていたので、これしかない!とついカっとなってしまい…

xiaomi mi max 3 6.9インチ 大型ディスプレイ 6gb ram 128gb rom snapdragon 636 4gスマートフォン セール - バングッド|購入 日本


結果、さくっとBanggoodに登録してPaypalで購入…

Xiaomi Mi Max 3 6.9 inch Big Display 6GB RAM 128GB ROM Snapdragon 636 4G Smartphone  
Xiaomi Mi Max 3 6.9 inch Big Display 6GB RAM 128GB ROM Snapdragon 636 4G Smartphone
 
23,370円
x 1
Subtotal: 23,370円
Insurance: 467円
Shipping Fee: 250円
Total Price: 24,087円


ちょうど国慶節の影響は終わったあたりだし、今月中には届くだろう…くらいの軽い感覚で注文してしまったが、果たして無事届くのだろうか…

 

つづく

WindowsMRでVRカノジョ

WindowsMRでSteamVRを利用できるので、VRカノジョのSteamVRは動くのは知っていた。が、Steamは18禁NGということで不完全版はなぁ…と思っていたのだが…

 

https://store.steampowered.com/app/751440/VR_Kanojo__VR/?l=japanese

 

何年もIllusionのゲームは購入していなかったが、メール整理でダイレクトメールがいまだに届いているのに気づき、リンク先をクリックしたら「Ecstasy強化パッチ」がSteam版にも出ていることを知った。

 

 

SteamVR直ではなくWindowsMR経由だとどうだろうとかいろいろあったが、知ってしまったのでサクっとSteamで購入して試したところ、あっさりとパッチが当たった。

ゲーム自体はどの条件でシーンが解放されるかイマイチわからず「実はSteamでは無理なのでは?」という疑念がよぎる瞬間はあったがw

 

ゲーム自体は似たようなものは「サマーレッスン」くらいしか見当たらない現状では、「金かけて作りこんだらすごいものが作れるんだろうなぁ…」という可能性を感じるものではありました。初プレイの1週目はかなり面白かったです。

しかしながら、何度も繰り返して楽しめるほどの反応バリエーションはなく(裏技を探すみたいな楽しみ方はあるだろうが)、VRAVのような頭や視点の移動だけじゃなく、きちんと位置移動や手の動きに反応する、というVR対応面以外は今となってはちょっと…というのが正直なところ。

 

サマーレッスンは3キャラで追加パックを出しているようだが、バンナムPSVRでこれがやっととすると、リアルな反応をキャラを増やして作りこんでいくのは技術的に可能でも相当ツラそう。

 

 

Illusionのような小さな会社では金のかかるキャラクターの作りこみは難しいかもしれないので、いっそMOD作成環境を公開してユーザーが作りこめるようにしたら、海外でもかなり遊ばれているようなので広がりそうだがアダルトものでは難しいか…?

VRゴーグルAH101に接続するアナログボリューム付きステレオイヤホン

AcerのWindowsMRゴーグルAH101は音声用にステレオミニジャックが出ている。

VR動画視聴時に音の大きさをキーボードのボリュームキーで上下したり、画面上で操作するのは煩わしいので、ドンキホーテで安いアナログボリューム付きのカナルステレオイヤホンを購入して使っていたのだが、いかんせん音が値段なりで満足できない。


先日ドスパラで数百円で購入したこれは、それより安く音も値段にしては頑張っていて好印象なのだが、さすがにこれに高音質を期待するのは無理だったw

 

-美しいアルミ素材のハウジング- HIDISC STREOイヤフォン HDEHC02FTSV – 株式会社磁気研究所

 

要はアナログボリュームで両目がふさがった状態でも手探りでボリュームを操作できればいいのだから、長すぎるのは我慢してこれと適当なステレオイヤホンを組み合わせるか…

www.elecom.co.jp


Ryzen+RADEONでWindows MR用PCを構築

本当はRyzen 3000まで待つつもりだったのだが、諸事情で新PCが必要になったので

Ryzen 5 2600

B450 Pro4

DDR4 3000 8GB x 2 (G.Skill)

256GB M.2 SSD (Intel SSDPEKKW256GB)

RADEON RX570 4G (旧PCから引継)
Bluetooth4.1 USBドングル (旧PCから引継)
8TB HDD (旧PCから引継)

Windows 10 Pro PCを1台組んだ。
古いPCでUSB3.0などで問題が出たものは、USB3.1Gen2など規格がすすんだことで互換性があがったのかあっさり動いた。

AcerのWindowsMRセットを接続してMRポータル、SteamVR、DMM VRプレイヤを導入して、FX6300でCPU使用率100%近くになっていた HQ動画を再生したら、頭から再生では基本的に再生はスムーズだが、すぐにスキップしたり+-60秒、10秒を連続クリックした場合にフリーズする問題は再発した。(CPU性能などの問題と思っていたが、どうやらそれだけではないらしい)

ただHQ動画でも、2019/2よりも前に購入したものは(少し止まる程度は起きるが)問題がなく、それ以降に購入した(リリースされたではない)動画でのみフリーズするので、DMM MRプレイヤやPSVRがHQ対応されたあたりで、ダウンロード購入するVR動画ファイルにも何か変更が入ったのかもしれない。

HQ対応していなかった最初と異なり、DMM MRプレイヤのHQ再生とダウンロードUHQ再生の品質差が小さいので、UHQ動画のファイルの大きさなどからいっそストリーミングだけでもいいか…という気になってきたが、事情により2週間ほど有線ネットがなく、モバイルルータ(ARIA)をPCにUSB接続してネット接続をしていた時、ダウンロードしたファイルの再生であればDMMとの通信は認証だけなので、ネット開通までの間、DMM VRプレイヤでVRコンテンツを見れたのはよかった。

余談ながら、DMMモバイルで過去にためていた通信分6Gでなんとかしようとおもったら、6月第2週のWindowsUpdateをうっかり受信してしまったりで高速通信分を使い切り、結局1G追加購入する羽目になったのが痛かった…

社内SEの仕事と外部ベンダーへの発注の違い

こんなのをみつけたので、社内SEもSIer側もやった立場から感じたことを…

 

この社内SEの人が、その会社にとって引き留める価値のある人材だったということは疑いようはない。その人の退職理由が評価に不満、だったとしたら逃した会社はもったいないことしたとは思う。

SIerとして社外の仕事をやるのと、社内SEとして自社システムを開発するのでは全然求められる要件が違う。その人が辞めて使い続けられないシステムって時点で適切に運用・管理されていないし、まともなベンダーに発注した場合は開発時点でその分の工数などが乗るので、自社開発と外部発注で驚くような差があるのはあたりまえ。


過去SIerに所属していた時、請負ではなく特定派遣で企業内情シスに常駐したことがあり、様々なシステムの構築が必要だが業界全体の不況によりベンダーに発注するだけの予算がない!という現場にいたことがある。

どうしたかというと、サーバーやソフトウェアの調達を含め自社情シスでシステム構築することで、ベンダー発注時に比較して数分の1でなんとかした。(既存ナレッジの充実したシステムの構築のみで、ソフトウェア開発はスクリプトレベルまで)
当初「口を出すとベンダーの言い訳に使われるからベンダーに全部やらせろ」って感じだったのによく決断できたな…とは思った。(プロパーの方に自分である程度できる人がいたとか様々な条件があったので単純にどの会社でもできるわけじゃないが)

まあ発注の代わりに私を常駐させる費用を負担したり、問題発生時のリスクを自社で負ったわけだが、トラブルはベンダー発注時でも起きるし、運用フェーズまで移行して引き継いで常駐を終えて常駐先からの私の評価も高かったので、結果が出てよかったなとは思う。
 

IT業界は比較的給与水準は高いので、その他業界の社内SEからIT業界に転職した場合は、年収としては上がるケースが多いはず。半面労働時間も長いので時給換算した場合やワークライフバランスを考えたらオススメできるかは別…

詳細がわからないのでなんともいえないが、その人がIT業界に転職して「7k」に絶望したとかなら両者不幸だなと思う。

IT業界から社内SEに転職という逆の立場だったので勢いで書いたが、転職して残業なくなった月の給与明細を見て、

https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20120325%2F71%2F716011%2F3%2F302x251x9876c9a3f300f29c8ee61976.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r

とか思ったりもする今日この頃…